Sunday, November 23, 2014

THE PHANTOM OF THE OPERA

11月23日 日本では勤労感謝の日が僕の誕生日。

今年は、子供からTHE PHANTOM OF THE OPERAのティケットをプレゼントされたので 上さんと昨夜見に行った。


オーケストラビハインドで前から2列目の素晴らしいシートだった。
このミュージカルは空で歌えるくらい聞いているので最初から最後まで楽しむことができた。

Monday, October 13, 2014

TS-520X レストア DAY 1

やっと JA0DNE  若林OM より頂戴したTS-520Xのレストアを始める決心がついた。

今日はそのDAY 1、 先ずは外見からチェックすることに








結構汚れがひどいのは、それなりに年月が経っているからしかたがない。

本当は今日は外見の撮影だけにしておこうと思っていた。 でもやっぱり中が気になる。
あけてみるだけ見てみよう。 上蓋だけを開けてみた。
驚いたの何の、なんと派手な色が、、、 今までコリンズ、ドレークと見てきたけれど、この緑色は何なんだ。 一瞬、銅につく錆かと思った。 (錆なのかも)
それとシャフトにかかったチェーン、これも僕には新鮮だ。すごい。
ちょっとしたカルチャーショック。 オール真空管のトランシーバはそれなりにそんな物かと思えたけれど、この中途半端なプリント基板はやはり、つい最近SDR トランシーバを組み立ててみた感じからしてこのトランシーバは過渡期のものだったんだ思わされる何かがある。






ついでに、ファイナルの真空管の部分も見たかったのだが、サイドのカバーから外さないといけないようだったので今晩はスキップすることに。

で、今度はアンテナを繋いで電源を入れてみることにする。
どこからも煙も嫌な匂いもしてこない。 ひょっとして聞こえるかもっと、40Mバンド聞いてみることにした。
何と聞こえる聞こえる。 僕が夢にまで見たTS-520 のCWの音が。
周波数とダイヤル目盛りをチェックしてみた。やっぱり、ほんの少しずれている。

そんなことより、聞こえてくる音のほうが僕には大事だ。
AFとRFのボリュームがガリガリ音がして突然聞こえなくなることがある。 こんなボリューム売ってんのかしらん。






上の写真2枚は周波数の目盛りをFT-1000MP と 比較したもの。

video

やはり思っていたとおりの音だった。

明日は、できれば終段の真空管の部分と裏側を見てみよう。
電波の発射はもうちょっと調べてからに。

Saturday, September 27, 2014

Technics SU-50a

僕の宝物のようなオーディオ プリメインアンプ Technics SU-50a.


このアンプもこのままお釈迦にするのはもったいないと思いもって帰ってきた。

僕が大学に入ったころ、ちょうど大阪万博のあったころだと思う。もうかれこれ40年以上も前のことになる。 松下電器がちょっと変わった広告(パーツパーツを時間差で発表)のしかたで発表した代物だ。

当時まだ学生だった僕には10万近い金額は高嶺の花、たぶん今の価値にすると4~50万くらいしただろうか。

ダイレクトドライブのターンテーブルと合わせアルバイトで買ってしまった思い出のつまったアンプ。

これも今となっては40年以上も放っておいたので、聞けた音ではない。
先ずはコンデンサ類はすべて取り替えないといけないだろうし、できればマッキントッシュのように光らせている豆球も変える。 こちらのメンテはTS-520に比べると比較的楽かも。

Mchintosh M40のプリで使って聞くのが楽しみだ。 さてどんな音を聴かしてくれるのか。




これからの課題

この度、前から欲しい欲しいと うわ言のように言っていたTS-520を JA0DNE  若林OM から貰い受け持って帰って来た。 


古い機種なので電源を入れても大丈夫かと心配しながら電源入れてみた。
何も聞こえてこないが明りはともった。グッドサインだ。
正直まだマニュアルを読んでないので使い方が把握できていない。

まずはこのままレストアしてその後JAODCZさんがホームページで紹介されているアナログVFO用  自動周波数調整装置を取り付け、100W出力までもっていければと 夢は膨らむ。

ハリケーンで浸水してしまった、測定器類をまた集めていかなといけない。

僕の勉強も兼ねてのレストアなので1~2年じっくりかけて取り組んでみよう。

ハムフェアの後のアイボール

今回日本に行った目的の一つに QSONET(CQ 100)で以前よくお話しをさせて頂いていたOMの方々とのアイボールQSOがあった。

ちょうど8月23日にハム・フェアがビッグサイトで開かれることもあり、その後に東京銀座の居酒屋 "えん" で懇親会と称し飲み会が行われ、大変楽しいひと時を過ごさせていただきました。

ご多忙中にもかかわらず JH1PLL 鈴木OM に快く幹事役を引き受けて頂き感謝しております。



 この懇親会の言いだしっぺのような JH2DBQ 伊藤ON (TEOさん) が急に倒れられ参加できなかったのが心残りでした。

** 私がアメリカに戻ってくる直前の9月12日にお見舞いに伺った段階では、まだはっきりとした意識の回復は判断できないようなものの、痰が絡んだときには目を開け強い刺激には反応しているようでした。 一日も早い回復をお祈りしています。

皆様 楽しいひと時を過ごさせていただき有難うございました。



Sunday, July 6, 2014

アンテナ ローテータ の故障

ここの所、上のほうのバンドのコンディションが非常に良い。

そこでアンテナをくるくる回すことになる。
危ないかなとは思っていたのだが、とうとう週末に動かなくなってしまった。

コントローラを開けてみたところ、部品が焼け焦げていた。


抵抗だけを付け替えようとも思ったが、予備に買ってあった古いコントローラがあったので基盤自体を入れ替えることにした。



無事入れ替え成功で、また動き出した。

Friday, July 4, 2014

13 Colonies Special Event

今年もこのエベントがにぎやかに始まっていた。


毎年、1~2件は出来てなかったような記憶がある。
あまりに近くなのでスキップしてだめなのかなと思ったこともあった。
ところが今年はすんなり簡単に出来てしまった。

2014 EVENT CERTIFICATE 申し込んでみようかな。